コハウチワカエデ 株立ち 苗 H2.0m程度(根鉢含まず)[ 選べる樹形 ]

商品コード : khu20
価格 : 19,580円(税込)
[ 送料パターン:高木(300cm未満) ]
ポイント : 1,958
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
現品(商品番号)

選択
khu20-013×売り切れ
khu20-014×売り切れ
khu20-015×売り切れ
khu20-016×売り切れ
khu20-017×売り切れ
khu20-018×売り切れ
khu20-019×売り切れ
khu20-020×売り切れ
khu20-021×売り切れ
khu20-022×売り切れ
khu20-023×売り切れ
khu20-024×売り切れ
khu20-025×売り切れ
khu20-026×売り切れ
khu20-027×売り切れ
khu20-028×売り切れ
khu20-029×売り切れ
khu20-030×売り切れ
khu20-031×売り切れ
khu20-032×売り切れ
野趣あふれる樹形と紅葉が魅力!
コハウチワカエデの葉はハウチワカエデの半分程度と小さいのでこう呼ばれます。
別名のイタヤメイゲツのイタヤは、葉がイタヤカエデと同様に、板で葺いた屋根のように向こうが見えないほど、びっしりと生い茂り、美しい丸い葉を月に見立てたものだそうです。
葉は3つ〜9つ、多くは5つ〜7つに分かれて、裂片の先は細長く尾状にとがっているのが特徴です。
花期は4月〜5月、葉の展開に先駆けて開花しはじめます。
1つ1つの花の直径は5mm程度のもので黄緑色で春の景色によく似合う色合いです。
雄花と両性花が同じ株につく雌雄同株。
秋の紅葉は赤ではなく、美しく鮮やかな黄葉です。
 
推奨エリア:関東以北
 
植え付け環境
水はけの良い、肥沃な土壌に植えてください。
日当たりを好みますが、乾燥に弱く、耐陰性があることから半日陰が適しています。
日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。
肥料
肥料は開花前に寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。
植え付け時期
基本的に移植や植え付けは10月〜入梅までに行います。
寒冷地では12月〜2月の極寒期の植え付けは避けてください。
病害虫など
病害虫はほとんどつきませんが、気候により発生します。
テッポウ虫に注意です。
幹を食い荒らし、発見が遅れたら木を枯らしてしまいます。
5〜9月は幹周りをよく観察し、木の食べかすや糞が幹の周囲に散乱していないかチェックしてください。
剪定方法
基本的には剪定を必要とせず、混んだ枝や邪魔な枝を間引く程度でかまいません。
落葉期に剪定しますが、自然な樹形が持ち味なため、枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切るといいです。

現品ラインナップ