• トップ
  • 果樹苗
  • ブルーベリー(ラビットアイ系ホームベル)株立ち 苗 H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)[ 選べる樹形 ]

ブルーベリー(ラビットアイ系ホームベル)株立ち 苗 H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)[ 選べる樹形 ]

商品コード : brb20
価格 : 12,800円(税込)
[ 送料パターン:高木(300cm未満) ]
ポイント : 128
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
現品(商品番号)

選択
brb20-026×売り切れ
brb20-027×売り切れ
brb20-028×売り切れ
brb20-029×売り切れ
brb20-030×売り切れ
brb20-031×売り切れ
brb20-032×売り切れ
brb20-033×売り切れ
brb20-034×売り切れ
brb20-035×売り切れ
brb20-036×売り切れ
brb20-037×売り切れ
brb20-038
brb20-039×売り切れ
brb20-040×売り切れ
brb20-041×売り切れ
brb20-042×売り切れ
brb20-043×売り切れ
ベリーの王様!
ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属に分類される落葉性の小果樹で、北アメリカ原産の野生植物から、品種改良されたものです。
6月から8月にかけて、1果2〜3g程度の果実をつけ、独特の食味をもつことから、世界中で食べられるようになりました。
また、樹があまり大きくならず、和洋どちらの庭にも適する樹形で、春には釣り鐘状の魅力的な花が咲き、夏には果実、秋には真っ赤な紅葉と、1年を通じて楽しめます。
今では「ベリーの王様」として、フルーツとしての利用以外にも、ガーデニング素材としても広く親しまれています。
ブルーベリーの魅力は、果実の健康機能性にもあります。果皮に多く含まれるアントシアニン色素には、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、視力改善や眼精疲労の回復に効果があると多数報告されています。
また、果実に含まれる食物繊維は、フルーツの中でトップクラスに入ります。
最近では、ラビットアイブルーベリーの葉に含まれるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンに、抗脂肪肝作用や血圧上昇抑制作用などの生理機能がある可能性も報告されており、キナ酸によってさわやかな酸味をもつハーブティーとして、利用されるようになりました。
 
推奨エリア:九州以北
 
植え付け環境
植える場所は、日当たりと水はけのよいところを選びましょう。
用土には、野菜栽培向けに石灰などで酸度調整してあるものは避け、水はけと水持ちのバランスがよい酸性用土を使用します。
特に、野菜や花の育苗などに使用される、酸度未調整ピートモスを多めに入れるとよく育ちます。
なお、ピートモスは水となじみにくいので、事前に水とよく混ぜておくとよいでしょう。
肥料
萌芽が始まる前の3月までに、元肥として油かすや骨粉などの有機質肥料を施します。
また、5月から6月に実をつきやすくするために、1株あたり50g程度の粒状肥料を施します。
さらに、8月から9月にはお礼肥として、同様の肥料を施します。
肥料は株元ではなく、樹の枝の広がりよりも、さらに広く周囲の表土に施しましょう。
植え付け時期
ブルーベリーの苗は、秋から早春にかけて通信販売や園芸店で購入することができます。
枝が太く、つやがよいものを選びましょう。
植えつけは、ほかの落葉果樹と同様に、1月から2月の極寒期は除いて芽や根の成長が止まっている休眠期に行うのが基本です。
この時期に植えつけすると根の傷みがほとんどありません。
根の活着の関係から関東地方以北では3月の春植え、関東地方以西では10月から11月の秋植えがよいでしょう。
病害虫など
ブルーベリーは比較的病害虫が少ない種類なので、無農薬で栽培されている方もいますが、地域によっては病気や害虫が発生する場合があります。
病気では、開花期に花房にカビが発生する灰色かび病があります。
これは殺菌剤「カリグリーン」を散布して防除します。
害虫には、春から初夏にかけて新梢の先端部にアブラムシが発生します。
殺虫殺菌剤「ベニカマイルドスプレー」を散布しましょう。
剪定方法
ブルーベリーの剪定には、1月から2月の休眠期に行なう冬期剪定と、8月から9月に行なう夏期剪定があります。

現品ラインナップ