セイヨウニンジンボク(紫花)苗 H1.5m程度(根鉢含まず)[ お任せ品 ]

商品コード : snj15
価格 : 9,680円(税込)
[ 送料パターン:高木(300cm未満) ]
ポイント : 968
数量
 

品切れ

ハーブとしても使えます。
セイヨウニンジンボクは南ヨーロッパ、西アジア原産の落葉性樹木です。
樹高は2m〜大きくなると8mに達する低木〜小高木で葉は細長く光沢があり、5〜7枚がくっついて一枚の手のひら状の葉になります。
夏から秋にかけて枝の先端にやや紫がかった青い小花を穂状に咲かせます。
木が若い(小さい)内からよく花を付けるので、鉢花としても利用されます。
日本には明治時代に渡来しました。
セイヨウニンジンボクを含むビテックス(ハマゴウ)属は以前、クマツヅラ科に分類されていましたが、現在ではシソ科に移されています。
 
推奨エリア:本土全域
 
植え付け環境
日当たりの良い場所が適していますが、半日陰の場所でも育ちます。 ただし、あまり陰になるような場所では育ちません。
寒さには強い方で-5℃程度まで耐えますが、それ以上気温が低下する寒冷地での地植えは難しいでしょう。 鉢植えも、冬は霜や寒風の当たらないベランダなどがよいでしょう。 夏の暑さには非常に強いです。
肥料
肥料は春に緩効性肥料を与えますが、肥沃な土なら特に与えなくても花をつけます。
植え付け時期
厳冬期は避け、なるべく暖かくなってからに植えつけてください。
病害虫など
特にありません。
剪定方法
自然樹形であまり枝を切る必要はありませんが、樹形が乱れた場合は伸びすぎた枝を切り落として短い枝を残します。 剪定の適期は落葉期の2月-3月です。